RSS | ATOM | SEARCH
傾聴セラピスト養成講座オープンセミナー開催します

JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

 

皆様の周囲では、心の不調に悩む方、介護に悩む方、
不登校や引きこもりなどに悩む方、いらっしゃいませんか?
  
上記以外でも、今非常に多くの場面で、話を聴く力(傾聴力)と人を癒すスキルを
持った人が必要とされています。
  
  
傾聴セラピスト養成講座では、上手な話の聞き方(傾聴の技術)と、
人の気持ちを楽にする・癒すための基礎的な技術を実践講習を通して身につけていきます。
  
就活に傾聴力を活かしたい学生さんから、会社員の方、また定年退職されてボランティア活動を行いたいという方、
そして保育士さん・看護師さん、プロのカウンセラーやセラピストさんなど様々な方が、
傾聴セラピスト養成講座を受講いただいております。
  
  
オープンセミナーでは、堅苦しい講義を聞くのではなく、ご参加の方同士で、心理テストを行ったり、
楽しくコミュニケーションを行いながら、傾聴と癒しの技術を学んでいきます。
 
どうぞお気軽にご参加ください。
 
  
傾聴セラピスト養成講座(基礎検定)
 
日程  2018年06月28日(木)  
時間  13:00〜17:00 ※進行の具合により若干延長する場合がございます
会場  VIT横浜(JR京浜東北線 関内駅 南口 徒歩1分)
※1階にモスバーガーさんが入っているビルです 
持ち物 筆記用具をご持参ください
(講座は4時間とやや長丁場になりますので、お飲み物などは各自ご持参ください)
 
 
傾聴セラピスト養成講座(上級コース1・2)
 
日程  2018年07月05日(木)  
時間  14:00〜16:00 ※進行の具合により若干延長する場合がございます
会場  VIT横浜(JR京浜東北線 関内駅 南口 徒歩1分)
 
 
お問合せ

 

author:mind-secret, category:傾聴セラピスト養成講座, 18:57
comments(0), -
言い方・伝え方上手になろう! 言い方上手検定オープンセミナー開催

JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

 

「こんな時、なんて言ったらいいんだろう?」
 
  
日常や仕事、その他様々な場面で、言いたいことはあるのだけど、
なんて言ったらいいかわからなくて、困ってしまう場面ありませんか?
 
 
相手を怒らせたり、嫌われたくなくて、
結局言いたいことを言えなくなってしまうこと、ありますよね。
 
 
もしくは、「ここはちゃんと言わなきゃ」と思い、思ったことを口にして、
相手を怒らせたり、嫌われてしまったり。。
 
 
そうならないために、、相手の気持ちを考えた「上手な言い方」学んでみませんか?
 
 
人間関係は「言い方」一つで良い方にも、悪い方にも変化するものです。
 
 
この講座では、心理学・アサーションを活用して、日常や仕事など、ちょっと困った場面で、
相手の心理を理解して、上手に言いたいことを伝える技術を楽しく学んでいきます。
 
 
言い方上手検定 基礎講座 
 
 
日時 平成30年3月18日(日) 13:00-17:00
※若干延長する場合がございます 
 
  
会場 VIT横浜11階A会議室 (京浜東北線関内駅 南口徒歩1分)
※横浜から2つ目の駅です。中華街にも歩いて行けます。
 
  
ご受講料 15,000円(別途消費税)
 
 
※検定試験に合格されると資格認定証が発行されます。
 JAAHSE認定 言い方上手検定(基礎) 
 
 
  
主催 一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会(JAAHSE)
 
 

 

author:mind-secret, category:コミュニケーション, 20:59
comments(0), -
恋人(彼・彼女)からの連絡が減った時の考え方

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

 

 

今回は恋愛のお話です。

 

恋人、彼・彼女からの連絡が最近少ない・・・

 

嫌われてしまったのでは・・・

 

そんな風に悩んでしまうこと、ありませんか?

 


出会った頃は連絡を頻繁にやりとりしていたし、相手からの返信も早かったのに。

 

最初の頃より連絡の頻度が減ってしまったのは、自分に興味がなくなったのでは・・・?


そう感じて不安になっている人もいると思います。

 

あれこれと想像し不安になってしまう気持ちもよくわかります。

 

しかし、相手の気持ちがわからないままマイナスな方に考えて、

 

一人で悩んでいる毎日は、辛くはありませんか?

 

理想は、相手のペースに振り回されず、あなたの時間を大切にしながら、

 

無理のない間隔でメールや電話のやりとりができることかなと思います。

 

 

そこで、こんな風に考えてみると、不安な気持ちが楽になるかもしれません。

 

 

相手からの返信のペースが以前より遅くなったのは、

 

「あなたと仲良くなれたと感じて、自然体で接してくれるようになったから」。

 

 

最初の頃は、お互いのこともよくわからないまま、仲良くならなくては、と多少気持ちが舞い上がっているものです。

 


だんだんとお互いのこともわかり、信頼関係ができてきたことで、舞い上がっていた気持ちが元々の状態に戻ってきます。

 

そのため、メールを送る頻度も普段の生活ペースに沿ったものになるのですね。

 

ここで大切なのは、決してあなたのことを嫌いになったからとか、あなたとのやりとりがつまらない、といったマイナスの理由ではないと考えてみることなのです。

 


相手の本当の気持ちは、直接聴いてみないと確かめられませんが、

 

あなたの考え方・捉え方はいつでも自分で感じてみることができます。

 

 

あなたの考え方次第で、不安な気持ちは減らすことができるのです。

 

 

相手は、あなたのことを信頼して連絡のペースが落ち着いてきたのだ、

 

そんな風に捉えてみてください。


そして今まで相手のことで悩んでいた分の時間を、自分自身の生活に充てて、充実した毎日を過ごしてみてくださいね。

 

 

あなたが自分の生活に没頭している間に、相手の方との連絡のやりとりが、無理なく自然に行えるようになっているはずです。


もしそれでも、不安になってしまったり、相手の方の気持ちが信じられない、などありましたら、私たちに不安な気持ちを打ち明けていただいても良いですし、一緒に相手と上手く関係を築ける方法を考えてみましょう(^-^)

 


一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進教育 萩原

 

 

 

傾聴セラピーのご案内

 

傾聴セラピスト養成講座

 

引き寄せの法則セミナー開催します

 

 

author:mind-secret, category:カウンセリング, 21:24
comments(0), -
連絡や時間に追われ自分を見失いがちなあなたへ

JUGEMテーマ:心理学

 

皆さんは、日頃時間や人との連絡のやり取りに追われてしまっているな、、

 

と感じることはありませんか?

 

あの人に連絡を返した後は、あの人にも、、

 

気付けば返信だけでこんなに時間が経っていた。

 

そんな経験があると思います。

 

おそらく多くの方が毎日そのように過ごされているのではないでしょうか。

 

 

仕事などでお客様と連絡のやり取りを行う場合はスムーズに返信をするのが理想です。

 

けれども、私たちはあまりにも連絡や時間に追われ心の余裕がなくなっているように感じます。


その背景には、携帯電話などの便利な機器が発達したことも関係していますね。

 

 

先日、携帯電話の起動時パスワードを忘れ、数時間ロックがかかってしまったことがありました。

 

ロックがかかった時点で真っ先に考えたのは、

 

「この間にも様々な連絡が来ているかもしれない…」

 

ということでした。

 

 

携帯電話がないと安心して過ごせないようになっているのだなぁと改めて感じました。

 

 

それと同時に、連絡に縛られすぎない時間というのも良いなぁと少し思いました。

 

 

また、最近読んだメルマガの中に、

 

「携帯電話が普及する前は、よく待ち合わせができていましたよね」

 

という文章があり、確かにそうだなと納得させられました。

 

 

私が小学生の頃などは、厳密に時間を決めて待ち合わせるよりも、家に荷物置いたらまたここに集合ね!

 

といった形で口約束し、全員が揃うまで気長に待っていたり、早く揃ったメンバーでまだ来ていない子の家まで迎えに行こうか〜とゆったりとしていた記憶があります。

 

 

もちろん子ども時代と大人を比べても、比べきれない部分はありますが、


確かに時間にも厳密な連絡にも追われていなかった時代があったと思います。

 

 

いつも、連絡や時間に追われているなぁ・・・

 

と感じる方は、ちょっと意識して情報を遮断してみるのも良いかもしれません。

 

 

夜寝る前だったり、休みの日だったり、一日の中でほんのひととき、


時間や連絡、情報に縛られずに、自分の感覚でゆったりと過ごす時間を設けてみませんか?

 

外の出来事ではなく、自分の内面の気持ちにピントが合い、ストレスなどにも気付きやすくなりますよ。

 

自分と向き合う時間をもつことで、あなたらしさを取り戻せますように。

 

 

 

一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会 萩原

 

 

 

傾聴セラピスト養成講座


実践カウンセリング・傾聴スキル勉強会


オープンセミナースケジュール

author:mind-secret, category:カウンセリング, 20:40
comments(0), -
いつも気持ちに余裕がないあなたへ

JUGEMテーマ:心理学

 

 

皆さんはいつもやることに追われて、心のゆとり・気持ちに余裕がなくなってはいませんか?

 

心に余裕がなくなると、なんだか焦ってしまったり、イライラしたり・元気が出なかったり、身体まで辛くなってしまうこともあ

りますよね。

 

やらなければいけないことはあるかもしれませんが、まずはあなたの心と身体の健康が何より大切ですよね。

 

心と身体を壊してしまっては、元も子もありませんね。

 

では、心と身体を大切にして気持ちに余裕を取り戻すためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

 

方法は色々とあるかと思いますが、

 

今回お伝えしたいのは、

 

「少しだけ勇気をもって、やらなければいけないことから離れてみる時間を作ること」

 

です。

 

 

常にそのことが頭から離れず、取り組んでみるけれど終わりが見えなかったり、順調に進まなかったりして、

 

 

不安や焦りを抱えたままさらにそのことを考えて無理をしてしまう・・・

 

今あなたはそんな状況かもしれません。

 

そのことを考えないようにしようとするほど頭から離れなかったり、考えていないと自分が怠けているような気がして、手放すのが恐かったりするでしょうか。

 

やらなければいけないことを考えないようにするのは難しいかもしれませんが、あえて、勇気をもって考えない時間、他のことに意識を向ける時間を少し作ってみてほしいのです。

 

 

誰か気のおけない人と食事に行って他愛もない話をしたり、好きな音楽を聴いたり、趣味に取り組んでも良いですよね。

 

他のことに意識を向ける自分のことを、許してあげてほしいな、と思います。

 

できたら罪悪感をもたずに楽しめることが理想です。

 

昔からよくオンとオフを切り替えましょうということが言われますが、やはりオフの時間ももつことは大切だと思います。

 

常にオンの頭でいると、疲れてしまいますしね。肝心な時に頭が働かないと思います。

 

最近、気持ちに余裕がなくなっているなぁと感じる方は、

 

思い切って少し他のことに意識を向ける時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

あなたが気持ちに余裕を取り戻し、前向きな気持ちでやるべきことに取り組んでいけるよう応援しています。

 

 

一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会 萩原

 


傾聴セラピーのご案内

 

セミナースケジュール

 

傾聴セラピスト養成講座

 

 

author:mind-secret, category:カウンセリング, 22:57
comments(0), -
存在を認められたい 承認欲求

JUGEMテーマ:心理学

 

 

皆さんは、誰かから無視をされてしまったとき、どんな気持ちになりますか?


悲しみや怒りの気持ち、湧いてきませんか。

 

その逆に、自分のことを認めてもらえたり、受け入れてもらえた時、どんな気持ちになりますか?


安心感や喜びを感じませんか。

 

私たちは、自分のことをわかって欲しい、認めて欲しい、理解して欲しい、またそうされることで心が満たされる「承認欲求」というもの持っています。

 


先日ニュース番組で放送されていたのですが、


ロサンゼルスに住む自閉症の6歳の男の子が、犬の保護施設に毎週1回通い、犬に絵本の読み聞かせを行っているそうです。

 


保護施設に預けられている犬たちは、人間に捨てられ傷ついていたり、凶暴な面も持ち合わせていたようなのですが、


この男の子が檻の前に座って絵本を読み聞かせ始めると、その檻にいる犬はおとなしくなり、檻ごしに男の子の前にお座りをして、

じっと話を聞いているのだそうです。

 

この男の子に絵本を読み聞かせてもらった犬たちは、次第に穏やかな性格になり、皆新しい飼い主に引き取られることが決まったとのことでした。

 

また、この男の子も絵本の読み聞かせを通して、コミュニケーションに自信が持てるようになり友達ができたとのことでした。

 

出演していた専門家の方が、犬が目を見て話を聴いてくれていたことで、自閉症だった男の子も自信がもてるようになったのだろう、と述べていました。

 

このニュースを見ていて、やはり人も、犬も、自分の存在が認められ、相手をしてもらえることで安心感生まれたり、心を開くきっかけになるのだと感じました。

 


また人や動物だけでなく、植物?食べ物でも似たような例のある実験も聞いたことがあります。


お米を3つ用意して、「ありがとう」と声をかけたお米、「ばかやろう」と声をかけたお米、無視をし続けたお米、

 

数日後の状態は、無視をし続けたお米の腐り方が進んでしまった、という実験です。

 

こういった実験の真偽については様々な意見があるかと思いますが、、

 

誰かに自分の存在を認めてもらえることは、とてもポジティブな影響を受けるものと言えそうです。

 

 

ということは逆のことも言えますね。

 

相手の存在を認めていますよ、ということを上手に伝えられれば、相手にポジティブな影響を与えることもできるのです。

 

コミュニケーションが苦手な人は、挨拶をすることから始めてみても良いのです。


挨拶をする、たったそれだけのことでも相手を承認するということに繋がります。


誰かと接するとき、その人に関心を持って、存在を認めていますという姿勢で接してみることで、人間関係も変わってくるはずで

す。

 

 

一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会

 

 

傾聴セラピスト養成講座


実践カウンセリング・傾聴スキル勉強会

author:mind-secret, category:カウンセリング, 21:45
comments(0), -
イライラすることが多いのは自分に原因があるのかも?!
JUGEMテーマ:心理学


皆さんは日頃イライラしてしまうことってありますか?


誰でもイライラすることってあると思いますが、、、

しょっちゅう?!イライラすることがあるとしたら、

もしかしたらそれは自分に原因があるのかもしれません?!。


イライラの原因が自分にある?なんて、、、

あまり考えたくないと思いますが(^_^;)、、

一つ例を出して考えてみましょう。
 
 
皆さんは仕事や学校へ行くために、二人通れるくらいの少し狭い歩道を急いで歩いているとします。
 
すると前の方でのんびり歩道の真ん中を歩いている人がいるとします。
 
 
 
迷惑だと感じますか?
 
邪魔だと感じますか?
 
イライラしますか?
 
 
 
確かに道の真ん中をゆっくり歩くのは迷惑と言えば迷惑かもしれませんが、、
 
ここでポイントとなるのは、
 
急いでいるのは自分で、
 
前を歩いている人は特別急いでいる訳ではない
 
というところです。
 
 
 
ここでイライラして
 
「ノロノロ歩きやがって」
 
みたいに相手を責めるような思考をするとしたら、
 
それは残念ながら完全に思考が自分目線になってしまっているということです。
 
 
 
極端な言い方をすれば、自分が急いでいる時は、
 
世の中の人全員が自分に合わせて急がないといけないということになってしまいます。
 
 
一言 「すみません」 といって通れば良いのです。
 
 
 
イライラすることがあったら、一度冷静になって、
 
自分目線になりすぎていないか、
 
相手の立場になって物を見て考えてみましょう。
 
 
 
人は全て自分の思い通りには動いてくれませんから、
 
自分目線で考えることが多いとどうしてもイライラすることが増えてしまいます。
 
 
 
櫻井勝彦(一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会
 
 
お客様目線で考えるクレーム対応
 
怒りのセルフコントロール
 


 

author:mind-secret, category:アンガーマネジメント, 22:53
comments(0), -
うっかり失言?!を防ぐ方法 上手な言い方・話し方を身につける
JUGEMテーマ:心理学

ここのところ政治家や有名人の方の失言?!のニュース。。

なんだか目立ちますね。


皆さんは「うっかり」言ってしまった一言によって
友達や夫婦関係・職場で亀裂を作ってしまった経験ありませんか?



うっかり失言をしてしまうことって誰でもあると思いますが、

政治家や有名人など多くの人の前で話をしなくてはいけない方にとっては、
ちょっとした言い方の違いが多くの人の批判を招くことに繋がるため、
相当気をつけないといけないので本当に大変だと思います。


ただ「うっかり失言」は政治家の方だけでなく、

私たち一般の人も出来るなら防ぎたいものです。



うっかり失言をしてしまわないようにするために気をつけたいポイントはいくつかありますが、


特に気をつけたいのは緊張する場面やちょっとイラッとする場面です。
(ストレスが溜まっている時もです)


こういった場面では、理性の働きが低下・弱まってしまうため、

「つい、うっかり」が起こりやすくなります。


特に感情を取り乱してしまったりすると、

失言を超えて暴言を口にしてしまう人もいるので(^_^;)
そういった場面では特に注意が必要です。



そして一番大切なことは、当たり前のようですが、
日頃から言葉づかいだったり、話し方・言い方に気をつけることです。


スポーツでも何でもそうですが、日頃からやっていないことは、
なかなか上手には出来ないものです。


日頃から口が悪かったり、言い方が乱暴だといざという時に
やっぱり素が出てしまいます。


こんな風な言い方をしたら相手はどう思うだろうか、

日頃から人や相手の気持ちを考えて、言葉を選び話す習慣を
持つようにしてみましょう。


また、時間に余裕がある時は自分が話したいことを一度文章にして、

誰かに客観的に見てもらうのも良いかもしれません。


櫻井勝彦(一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会


上手な言い方を身につける アサーション・言い方検定講座


ヒューマンスキルを高める心理学講座
 
author:mind-secret, category:コミュニケーション, 22:44
comments(0), -
なぜか相手にイライラしてしまう
JUGEMテーマ:心理学

誰かに対してイライラしてしまうことはありませんか?

職場の同僚、上司、友人、恋人、家族、などさまざまな人間関係において、
一度や二度と言わず、イライラを感じたことがほとんどの方にあると思います。


「あるなぁ」という方は、ちょっとその時のことを思い返してみましょう。

イライラはどのような原因だったでしょうか。






もしかしたら、

相手がこちらが思ったような反応を返してくれなかったり、望んだ行動をとってくれなかったり…

そんな場合だったかもしれませんね。


相手に、想像したとおりの反応をしてもらえなかったりすると、
自分の気持ちを無視されたような感じがしますよね。


悲しいし、怒りの感情もわいてしまいまうと思います。


そこで、相手に対して怒りの感情がわいてきたときは、
少しだけ思い止まって、こんな風に考えてみるとどうでしょうか。


「○○さんと私は、別の人格なんだよな」


こう考えてみると、何となく悲しみや怒りがおさまるような感覚になります。


自分と周りの人は、それぞれ異なった思考や行動パターンをもった人間です。


例えば、夫婦であっても、相手は長年、全く別の生活環境の中で
育ってきた他人であるとも言えるのです。


私たちは、人との付き合いが長くなると、ついこのことを忘れがちになります。

自分がこう思うのだから相手も同意してくれるはず、といった風に考えてしまいます。


こういった、相手への無意識のうちの期待が予想外の形で返ってきたとき、イライラが引き起されてしまうのですね。


人間関係で必要以上にストレスをためないためにも、自分と相手を同一視しない、ということが大切になってくると言えます。


相手との違いを楽しむ、くらいの感覚で周りの人たちと付き合ってみると、気持ちが楽に過ごせますよ。



萩原悠季


一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会


アサーション・言い方検定講座


怒りのセルフコントロール

 
author:mind-secret, category:コミュニケーション, 21:47
comments(0), -
人の感情は伝染する!?
JUGEMテーマ:心理学


最近、お仕事で地方に行ったときのことです。


朝の電車内はかなりの満員。

しかし、周りの会社員も学生さんも皆さん普通の顔をしている・・・

降りる時も押し合ったりせず、冷静・・・



その時は、どこも朝は混むんだなぁとただ思っていただけなのですが、

その後東京に帰ってきてから、週末の終電間近のサラリーマンで満員に
なった電車に乗って思いました。


仕事先で乗った朝の満員電車と何かが違う。

なぜかイライラしてしまいそうになる・・・


それはなぜか。


そう、都内の電車では、乗り合わせた人たちの多くが
イライラピリピリしているんですね。

こわばった表情や人を押しのけて降りて行く様子からもわかります。


周りの人がピリピリしていると、なぜだかこちらまでピリピリ
してきてしまいます。


そしておそらく私がピリピリすると、それがまた近くの人を不快
な気持ちにしてしまうでしょう。


感情って伝染するんですね。


皆さんにも、そんな経験はありませんか?


直接言葉を発しなくても、表情や態度で相手には色々と心の状態
が伝わってしまうものなのです。


例えば睨むような目付きや、舌打ちをされたら貴方(または相手)
はどんな気分になるでしょう。


降りるスペースを作ってくれた人たちに対して、会釈をするのと
しないのとでは、だいぶ印象が変わりますね。


自分から伝わったイライラやピリピリなどの感情が、隣の人に伝
わり、その人からまた隣の人に伝わり、またその隣の人に・・・

と考えるとちょっと恐いですよね。


せっかく伝わるなら、相手を良い気分にしてあげられるものだと
良いですよね(^^)



萩原悠季(一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会)


一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会


内面から綺麗を作る イメージアップセミナー




author:mind-secret, category:コミュニケーション, 23:21
comments(0), -