RSS | ATOM | SEARCH
うっかり失言?!を防ぐ方法 上手な言い方・話し方を身につける
JUGEMテーマ:心理学

ここのところ政治家や有名人の方の失言?!のニュース。。

なんだか目立ちますね。


皆さんは「うっかり」言ってしまった一言によって
友達や夫婦関係・職場で亀裂を作ってしまった経験ありませんか?



うっかり失言をしてしまうことって誰でもあると思いますが、

政治家や有名人など多くの人の前で話をしなくてはいけない方にとっては、
ちょっとした言い方の違いが多くの人の批判を招くことに繋がるため、
相当気をつけないといけないので本当に大変だと思います。


ただ「うっかり失言」は政治家の方だけでなく、

私たち一般の人も出来るなら防ぎたいものです。



うっかり失言をしてしまわないようにするために気をつけたいポイントはいくつかありますが、


特に気をつけたいのは緊張する場面やちょっとイラッとする場面です。
(ストレスが溜まっている時もです)


こういった場面では、理性の働きが低下・弱まってしまうため、

「つい、うっかり」が起こりやすくなります。


特に感情を取り乱してしまったりすると、

失言を超えて暴言を口にしてしまう人もいるので(^_^;)
そういった場面では特に注意が必要です。



そして一番大切なことは、当たり前のようですが、
日頃から言葉づかいだったり、話し方・言い方に気をつけることです。


スポーツでも何でもそうですが、日頃からやっていないことは、
なかなか上手には出来ないものです。


日頃から口が悪かったり、言い方が乱暴だといざという時に
やっぱり素が出てしまいます。


こんな風な言い方をしたら相手はどう思うだろうか、

日頃から人や相手の気持ちを考えて、言葉を選び話す習慣を
持つようにしてみましょう。


また、時間に余裕がある時は自分が話したいことを一度文章にして、

誰かに客観的に見てもらうのも良いかもしれません。


櫻井勝彦(一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会


上手な言い方を身につける アサーション・言い方検定講座


ヒューマンスキルを高める心理学講座
 
author:mind-secret, category:コミュニケーション, 22:44
comments(0), -
Comment