JUGEMテーマ:心理学

誰かに対してイライラしてしまうことはありませんか?

職場の同僚、上司、友人、恋人、家族、などさまざまな人間関係において、
一度や二度と言わず、イライラを感じたことがほとんどの方にあると思います。


「あるなぁ」という方は、ちょっとその時のことを思い返してみましょう。

イライラはどのような原因だったでしょうか。






もしかしたら、

相手がこちらが思ったような反応を返してくれなかったり、望んだ行動をとってくれなかったり…

そんな場合だったかもしれませんね。


相手に、想像したとおりの反応をしてもらえなかったりすると、
自分の気持ちを無視されたような感じがしますよね。


悲しいし、怒りの感情もわいてしまいまうと思います。


そこで、相手に対して怒りの感情がわいてきたときは、
少しだけ思い止まって、こんな風に考えてみるとどうでしょうか。


「○○さんと私は、別の人格なんだよな」


こう考えてみると、何となく悲しみや怒りがおさまるような感覚になります。


自分と周りの人は、それぞれ異なった思考や行動パターンをもった人間です。


例えば、夫婦であっても、相手は長年、全く別の生活環境の中で
育ってきた他人であるとも言えるのです。


私たちは、人との付き合いが長くなると、ついこのことを忘れがちになります。

自分がこう思うのだから相手も同意してくれるはず、といった風に考えてしまいます。


こういった、相手への無意識のうちの期待が予想外の形で返ってきたとき、イライラが引き起されてしまうのですね。


人間関係で必要以上にストレスをためないためにも、自分と相手を同一視しない、ということが大切になってくると言えます。


相手との違いを楽しむ、くらいの感覚で周りの人たちと付き合ってみると、気持ちが楽に過ごせますよ。



萩原悠季


一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会


アサーション・言い方検定講座


怒りのセルフコントロール

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM